スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Elders Scrolls V : Skyrim

コンタクトで眼がかわいてるのぉ~。。。

眼がごろごろ。

さて残業なうでございます。

こうも毎日残業だと小腹が空いてなにか食べる食費で赤字三昧です。

残業代も役職手当という何時間労働しても固定の手当と共に、とうの昔に葬られました( ゚д゚)

今日は来月発売予定の「The Elders Scrolls V : Skyrim」をお勧めしたい!

同社の人気RPG『The Elder Scrolls』シリーズの最新作であり、すでに北米では発売されている。

前作『The Elder Scrolls IV: OBLIVION』は、Xbox 360では2007年7月、PS3では2007年9月にそれぞれ発売されており、その広大な世界観やボリュームの膨大さなどで多くのユーザーから人気を得ている。

日本語版の発売が2011年12月8日と差し迫り、最新情報が多方面のメディアから発表されている状況です。

しかしこの壮大な世界で日本語版にテキスト量を増やすけで、その手間といったら量りしれません。

日本のRPGに慣れ親しんでいるかたには正直とっつきずらい主観視点での移動。

しかし慣れてしまえば、壮大なファンタジーの世界に自分がいるかのような錯覚さえ起こす世界観に引き込むためのものだと気付かされます。

日本のRPGといえばストーリーに沿って話を進めていくものが多いですが、この「The Elders Scrolls V : Skyrim」に関して言えば、メインとなるストーリーはあります。

しかし、そのメインストーリーを進めていく中で出会う村や町にいる登場人物から新しいストーリーの道筋をしめされることがある。

わかりやすく言えば

牧場のおじさんに「牛を一頭つれてきてくれないか?」という依頼を受けたとします。

その方法は問わないということです。

日本のPRGであれば、どこかで牛を購入するか、野良にいるのを連れてくるという選択肢ぐらいですが、このゲームでは「違う牧場から盗んでくる」というとても人間としての道を外れた選択肢も選べるということです。

当然、盗む時にその牧場主に見つかれば追い回されてしまうので、牧場主から逃げ切るなり、牧場主を殺害するなり(酷すぎw)とまたそこでも選択肢が用意されているわけです。

ですから、メインストーリーをそっちのけで、サイドストーリーに夢中になってなかなかメインストーリーが進まないというプレイヤーもいるようです。

キャラクターのグラフィックはやはり日本の萌え要素を含む絵柄では有りませんが、ファンタジーの世界を冒険するという最高の体験を出来る今年最大のRPGではないでしょうか。


The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
PlayStation 3

商品詳細を見る


The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
Xbox 360

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たるたるさん

Author:たるたるさん
埼玉在住のゲーマーリーマンでございます。
雑記、プレイ攻略など気まぐれ更新!

ロードラ 100.982.327
パズドラ 140.152.373

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。